*** アクセス解析について ***

●アクセス解析とは?

CGIを使って、有効アクセス数やリンク元の調査をします。
訪問者が何処からリンクしてきたか?どういうキーワードで検索されたか?
さらには、荒らしなどを未然に防ぐためにサイト運営では絶対不可欠なものです。

●解析を置くには?

フリーCGI配布サイトなどで提供されてます。有料も無料も有ります。
CGIを置けないサーバーでしたら、レンタルも有りますが一般的に広告が出ます。

●基本的な使い方は?

何処から飛んできたか?それは有効なアクセスUPに繋がります。
また、変な場所にURL貼られてしまったりの把握にも効果が有ります。
ここone-crystal にもOPEN当時から設置して有ります。メンバーで希望者は見れますよ。
現在6名ほどにはパスを知らせてあります。

●荒らされた場合の対処法

BBSとかに、好まれない書き込みが有った場合。
BBSには必ずと言って良いほど、書き込みにはホストIPが記録されます。
そのIPを、解析から検索します。何処から飛んできたか?
htaccessなどを使って、悪意の場所なら侵入を拒否したり、ホストIPから個人単位でのアクセス拒否を行えます。

●アクセス拒否が難しい場合

IPには、固定のものも有りますが、通常はホスト(プロバイダ)で数種類用意されてます。
繋ぐ度に、空いてるIPに接続されるため、ホストによっては拒否が難しい。

そういう場合は、BBSの問題のログを保存して、相手ホストに提出します。(クレーム)
アクセス解析で、うちに何時何分にアクセスしてきたと添えれば、本人に警告してくれます

●IP=個人情報の漏洩?

確かに、アクセス解析でホストIPは採取できます。それを不安がる人も多いでしょう?
でも現実で考えてみてください。毎日数百のアクセスから個人を探すことは簡単ではない。
もし見付けたとして、ホストIPから得る個人情報とは何でしょう?

IP採取だけならBBSに付いてます。水を飲むのにバケツを使う人は居ません。(笑)
IPでいう個人情報を、住所氏名と混同してるのなら全く違うものです。
プロバイダ名、ブラウザ、OS、ウィンドウサイズやカラー数を調べることが出来ます。
それを、IPから得る個人情報と言います。

警察機関などの犯罪捜査となれば、プロバイダから住所氏名などを調べることは可能ですが、
それらは、個人へは知らされるものでは有りません!

最後に、みんなの場所は自分たちで守るものと添えておきます。